追い払った上で巣を除去|危険なアシナガバチの巣を駆除する時は専門業者へ依頼するべき

危険なアシナガバチの巣を駆除する時は専門業者へ依頼するべき

追い払った上で巣を除去

ハト

巣作りの防止

鳩は、最初は見晴らしの良い屋根などで羽休めをしますが、そこが気に入った場合には、周辺の物陰を探して移動します。物陰ですから、外敵に発見されにくい分、落ち着いて過ごすことができます。そして鳩は、そこに巣を作り、卵を産んでヒナを育てるようになるのです。鳩が羽休みのみをおこなっている場合には、防鳥用のスプレーを使用するだけで、駆除することができます。ところが巣作りがおこなわれていた場合には、駆除には多くの手間暇がかかるようになります。そのため駆除は、その前におこなっておくことが肝心と言えます。また巣は、壁際に設置された室外機やプランターなどの隙間によく作られます。したがって鳩をよく見かけるようになった場合には、そういった隙間を先に塞いでおけば、巣作りを防止することができます。

巣の除去方法

鳩の駆除では、既に巣が完成していた場合には、それを除去する作業も必要となります。巣は、小枝で作られていることが多いのですが、随所が泥で塗り固められていることもあるので、除去には消毒液や洗浄液などが使うことが良いとされています。これらを使用すると、固まった泥を溶かしながら巣を除去できる上に、その場を殺菌消毒することもできるのです。巣を除去すれば、親鳥は逃げ去っていきますが、小さなヒナは自力で逃げることができません。とはいえ、鳩のヒナを個人が勝手に殺処分することは、法律で禁じられています。したがってこの場合は、まずは市区町村の生活課などに連絡し、許可を得た専門業者に処分しに来てもらうことになります。